スポンサーサイト

  • 2015.08.03 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    朝のひととき。

    • 2014.09.23 Tuesday
    • 08:42



    まだ夜も明けやらぬ時刻に、
    兄ちゃんは空腹を訴えて飼い主を起こす。
    はなびは飼い主が起きだすまで寝ているが、
    もし先に目が覚めたなら、
    黙って下へおりて静かにしている。

    ひとりで過ごす方法もいくつか知っている。
    そんなはなびん。





    ピン
    『はなびんという生き方』
    オンザマーケット特集ページ










     

    主導権。

    • 2014.04.27 Sunday
    • 07:00


    クローゼットの引き戸を開けてなかに入るのは
    兄ちゃんの得意技だったはずが、
    いつの頃からかドアを開ける係ははなびに移った。
    飼い主が心張り棒を外して中へ入り、
    後ろ手に閉めたドアをはなびが威勢よくガラッと開ける。
    そのあとを兄ちゃんがすかさず追って入る。


    兄ちゃん、まかしといて。
    そんなはなびん。
     










     

    涼む。

    • 2013.07.22 Monday
    • 07:00




    はなびが涼しい場所を見つけるのがうまいのは
    豊満ぼでぃで暑がりのせいだと思っていた。
    しかし考えてみれば、
    兄ちゃんが昼寝の場所を探すときは、
    はなびがいないという条件を満たす必要があるため、
    制約があるのだと気づいた。

    夏は好きな場所で昼寝ができる。
    そんなはなびん。






    健康神話。

    • 2013.07.01 Monday
    • 07:00




    ちび猫としてわが家へやってきたあの日から、
    底なしに元気でマイペースで、
    およそ病気知らずだったはなび。
    初夏に膀胱炎を患ったときにも、
    しゅんとする様子はなかった。
    ヒトのほうが慣れぬ事態に面食らうも
    治療の甲斐あって快癒。

    落ち込んでいたら治るものも治らない。
    そんなポジティブはなびん。







    健康の証。

    • 2013.05.15 Wednesday
    • 07:00



    尾籠な話で申し訳ありませんが、
    食に保守的なはなびがめきめきと排泄するモノは
    理想的なそれとして標本にしたいくらいたっぷりと美しい。
    食べたがりでヨーグルト好きな兄ちゃんのほうが
    意外にもずいぶんと頼りない。
    腸内環境がよほどよろしいのだと思われる。

    上等な常在菌と暮らしている。
    そんなはなびん。






    三つ子の魂。

    • 2013.03.14 Thursday
    • 07:00



    ちびはなびがてっちゃんちにやって来たとき、
    兄ちゃんにはちっともかまってもらえなかった。
    はなびのともだちになってくれたのは、
    ぬいぐるみのネズミ。
    数年が経ってすっかり大きくなった今も、
    淋しくなると、ネズミをくわえて歩き回り、
    まるで仔猫を呼ぶような声で鳴く。

    強気な日常を支えているのはそんな一面。

     






    目に見えるもの。

    • 2013.01.06 Sunday
    • 07:00



    なにより音に過敏なはなび、
    姿の見えないシメサバの咆哮に凹んで、
    ずいぶんとしょんぼりしてしまった。
    玄関で犬と対面しても平気だったくらいだから、
    目の前に実物がいたほうがましだったのかもしれないと思う。

    目に見えるものは怖くない。
    そんなはなびん。






    ふくよかに。

    • 2012.10.03 Wednesday
    • 07:00



    わが家へやってきたときのはなびは
    ちょこなんと片手にのるほど小さかった。
    以来、盛大に床に傷をつけて走り回り、
    兄ちゃんに跳びかかり、
    トイレハイで階段を駆け上がる。
    食にはたいして興味がない。
    尻尾だって短い。
    それなのにこの夏、体重が兄ちゃんをしのいだ。

    栄養はすべて無駄なく吸収する。
    そんなはなびん。

     




    要求とは。

    • 2012.09.02 Sunday
    • 07:00



    留守にするときだけ、猫ドアで出入りできる2階の部屋に
    唯一のエアコンをうすく入れておく。
    特に夕方、飼い主が出かける気配を察すると、
    はなびはエアコン待ちでそわそわし始め、
    大喜びで一緒に2階へとかけあがる。
    スイッチを入れるとなぜか、お尻とんとんの要求。
    うるさく鳴くので部屋が冷えるまでとんとんとん……。

    要求はいったん通ればしめたもの。





    椅子取りゲーム。

    • 2012.07.27 Friday
    • 07:00



    はなびの要求鳴きは、
    「小腹が空いた」「暑いからブラッシングして」
    だいたいこんなものだった。
    2階の椅子にかけて読書中に鳴かれたときは、
    気づかないふりをした。
    あきらめてヒトのベッドで寝始めたはなび。
    ちょっと階下へおりて戻ってきてみると、
    ぐっすり寝ていたはずのはなびが椅子の上で毛づくろいをしていた。
    PC椅子に続いて油断も隙もない。

    猫が寝る場所は猫が決める。
    そんなはなびん。

        





    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    words from hanabi

    写真や記事は転載禁止。
    リンクはフリーなのにゃ。
    飼い主へのメールは
    neko2eigo●yahoo.co.jp
    ●を@にかえてにゃ〜。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM